僕の愛車遍歴2&3台目(前編)

今日車のバッテリー替えてたんですけど、たったそれだけの作業なのに車いじりは楽しいなと再認識しました(・∀・)
いつか今乗ってる車いじるんだ…
さて今回は2台目と3台目を同時に紹介します。
理由は同時期に乗っていたからw
ここから車の同時所有台数がえらい事になっていく…

ずっと同じ時を過ごしてきた

初めての車をたった1週間で廃車にするという快挙を成し遂げた僕は少しの間車無し生活に。

その間は学生時代に乗っていたNS-1という原付を乗っていた。

今見てもかっけーなw

写真はノーマルですが僕はカウルも変えマフラーも変え…

一通りいじったバイクだったので少し乗りにくかったけど、何せコイツはこんなナリしてメットインのある不思議なバイク。

個人的にはスクーター感覚で乗ってましたw

そんなこんなでバイク生活を楽しんでいたある日、父から電話がかかってきた。

『車を買ってやる』

まさかの出来事に僕は驚いた。

しかし買ってやるとは言われたけど、自分も仕事しているし、親に経済的負担はかけさせたくなかった。

のでとりあえず話し合おうという事で一旦実家に帰る約束をした。

車で1時間かかる道のりを原付でw

実家に帰りつき、お酒を飲みながら話し合い。

車は父行きつけの車屋さんで買うという事になった。

買う車の話になった時だ。

『これがいいと思うんだ』

ん?

『これじゃないと買わない』

んん?

『嫌ならこの話はなしだ』

あーこのクソおやじ、これ良かれと思って車変える気だなw

でもこの条件を飲めば車のローンは父が払ってくれるらしい。

まぁ悪い話ではないし…

少し納得いかない部分もあったけど、その話を飲んで次の日車屋さんに。

オークションで探すから見つかったら連絡という事で話は終わり、車屋さんを後にした時…

『とりあえず家まで乗ってみるか?』

物心ついた時から我が家にいたこの車を初めて運転する事に。

その車の名は三菱ランサーEX 1800GSRターボ

通称ランタボである。

ランタボの洗礼

まずは写真から。

これが我が家にあったランタボ前期。

もちろんこんな派手なシールは貼ってなかったですよw

こちらは後期。

我が家のランタボはバンパーをこの後期型に変えてました。

前期なのでインタークーラーついてなかったけどねw

しかもフェンダーミラーでしたw

話を戻そう。

それまで運転した事なかったこの車に乗れる…

父がめっちゃ大事にしてる車だったので、ものすごい緊張したのを覚えてる。

言われるがままに運転席に乗り込み、ギアを1速に入れ…

タイヤが鳴いてエンストw

アクティの感覚で変な繋ぎ方をしてしまったようだw

大笑いする父を横目にエンジンをかけ直す。

今度はそっとクラッチを繋ぐ。

なんとか発進できた(・∀・)

田舎道で車が前後にいない道路をそーっと乗る初心者w

そして父は煽ってくるw

『少しくらいアクセル踏んでみたらどうだw』

こいつw

慎重に乗ってるの知ってて言ってきやがるw

もちろんこの車が速く走る事は知っている。

それならばとギアを落として加速してみる。

…助手席に乗ってる時と運転してる時と感じる加速感が違うじゃないか!

すんげー気持ちいい!

この当時の車のターボはいわゆるドッカンターボ

ターボが効き始めるまではまったり加速し、ターボが効き始めた瞬間ガツンと加速する。

ターボが効いた時の加速はホント気持ちいい(*´ω`*)

助手席ではいつも味わってたこの加速を今は自分の運転で味わっている…

この感動は今も忘れない。

足回りはノーマルでもかなり固め。

そのおかげでコーナーはかなり踏ん張る。

そのはずなんだけどこの時はもちろんそこまで攻めれるわけもなくw

そうして楽しい時間はあっという間に過ぎ、いつの間にか実家に到着していた。

初めて運転したランタボは刺激が強かったなぁ…

その日から暫く経ち、ついに車が届いた。

ランタボ好きな父が頼んだ車の名はランサーエボリューション2だった。

僕が相棒に選んだのは…

恒例の写真から。

色は黒っぽく見えるグリーンだったかな?

マフラーだけ変えてある車両で、結構にぎやかな音してたなぁ。

しかし雑誌ではよく見ていた車が目の前にあるのはガキンチョの僕にとってはそれはそれは刺激的で…

その頃の僕はランタボを借りて乗り回している時期で、少し乗り方にも慣れてきた頃だった。

納車も終わり、父と並んで実家に帰る事に。

僕が前で父が後ろ。

ちょうど直線に入った時…

後ろの父が煽ってくるw

僕の中ではランタボの加速は速いと認識していたし、いかにエボ2が速いと言ってもそこまでじゃないだろうと思っていた。

何も知らないガキンチョはギアを落として加速する。

バックミラーを見るといい感じで距離が空いた。

…と思ったらもう後ろにつかれてたw

ランエボ2くっそ速いw

何だこいつ…と思いながら広場に車を停める。

その広場には自動販売機があったのでジュースを飲みながら一休み。

父と運転を変わり僕がランエボ2に。

父が出発してから暫く経ってから僕も出発。

アクセルを踏んでみる。

もうね、何だこりゃって思ったw

FRと4WDの差とか馬力が倍あるとかそんなんどうでも良かったw

怖いくらいの加速感w

ランタボと比べてもちろんターボラグも少ないのでアクセル踏んだ瞬間からブーストがかかって加速していく感じは僕は初体験。

ワザとにコーナーでアクセル踏んでも4WDらしくグイグイ行くし、立ち上がりなんかもランタボと比べて雲泥の差。

上り坂でもランタボと違いいくらでも加速するランエボ2…

ラリーウエポンってすごいなーって思いながら実家に到着。

先に着いていた父とランタボとランエボについてしばしおしゃべり。

そして父はニヤニヤしながら聞いてくる。

『で、どっちに乗って帰るんだ(・∀・)』

僕はしばらく悩んだ。

そして口に出したのは…

『ランタボに乗って帰る!』

ランタボを選んだ理由

父はやっぱりという顔をしていたw

父が以前からエボに乗りたいって言ってたのもある。

個人的にランエボ2よりランエボ3が好みだったのもあるw

そりゃエボは速い。

しかも安定してるし、年式が新しいだけあってパワステもついてるしエアコンも効く。キーレスだし車内も広い。もちろんバケットシートだし。

かたや僕と同級生の骨とう品。パワステないから車庫入れは大変だし、エアコンはたまに凍って冷たい風出なくなるし、手動パワーウインドウだし、ドアの施錠だっていちいち1個ずつしなければならない。

それでもランタボを選んだ理由。

それはランタボの方が運転してて楽しかったのだ(*´ω`*)

エボより遅い加速も、エボより不安定なコーナーも…

それが僕にとっては楽しかったのだ(*´ω`*)

父はもちろんランエボに乗れるのでご満悦w

そうして僕はランタボを相棒として乗り始めるのでした(*´ω`*)

その後…

ランエボが納車されてからは何か月に1回は車を変えて乗ってましたね(・∀・)

ほとんどランタボに乗っていたけどw

今でもランタボは欲しい車のひとつ。

この世代の車だと圧倒的人気なのがハチロク

元々人気だったのに某漫画で更に人気になりましたよねw

でも多分ノーマル同士だとランタボの方がはえーぞ?w

実際ライトチューンくらいのハチロクならいい勝負できたしw

その当時は意味もなくハチロクアンチだったので、よくハチロク見かけたら追いかけてたなぁ…

この辺は次の後編で詳しく書けたらいいなと…

もちろんエボの事も書きますw

ちなみに気になってランタボの中古車見てみたら約200万ですってよw

たっかいなぁ(;’∀’)

コメント

タイトルとURLをコピーしました